和寒町 総務課のイメージ

定住自立圏構想

定住自立圏の形成に関する協定書の公表について

北・北海道中央圏定住自立圏を形成

 平成23年3月に名寄市と士別市が複眼型中心市宣言を行い、周辺市町村として和寒町他上川、宗谷、オホーツク管内10町村は、これまでに相互の役割や連携について検討を行ってきました。
9月22日に開催された第3回和寒町議会定例会で「定住自立圏形成協定の締結について」議決を経て、9月30日に名寄市のグランドホテル藤花で合同調印式が開催され、13市町村(名寄市・士別市・和寒町・剣淵町・下川町・美深町・音威子府村・中川町・幌加内町・枝幸町・浜頓別町・中頓別町・西興部村)長が協定書に調印しました。

調印式1

平成23年9月30日に行われた調印式

調印式2

平成23年9月30日に行われた調印式

中心的な役割を担う名寄市・士別市と和寒町は、「生活機能の強化」「結びつきやネットワークの強化」「圏域マネジメント能力の強化」の3分野について協定を結びました。
 24年3月には協定に基づく具体的な取り組みをすすめるための定住自立圏共生ビジョンを策定いたしました。

定住自立圏構想とは

一定の条件を満たす中心市と周辺市町村が定住自立圏形成協定を結び、人口定住のために必要な生活機能を確保するため、役割分担し、連携を行うことで、地域の活性化を目指す取り組みです。