和寒町 総務課

高齢者運転免許自主返納支援事業について

1 目        的

交通事故の抑制と、交通安全の普及を図るため、高齢者が運転免許証を返納しやすい環境づくりを進める。

 

 

2 補助対象者等

(1)道路交通法(昭和35年法律第105号)に規定する運転免許証を、同法に規定する有効期間内に、本人の申請に基づき公安委員会に対して全ての運転免許の取消しを申請し、自主的に運転免許証を返納したもの。

(2)住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定により本町の住民基本台帳に記載されている満75歳以上の者で、平成28年4月1日以後に運転免許証を自主返納したもの。

 

 

3 申 請 方 法

(1)本人又は代理人(親族等)が申請書に運転免許証取り消し通知(運転経歴証明書)の写しを添付し、町長に提出する。

(2)申請の内容を審査し、助成の可否決定を通知書により申請者に通知する。

☆運転免許証返納の流れ

(1)運転免許証・印鑑を持参し、旭川運転免許試験場または士別警察署に出向き、運転免許証返納申請書を提出する。

(2)申請者に運転免許証取り消し通知が交付される。希望者には、運転免許証を四隅に穴を開けて返却。

(3)運転経歴証明書発行を希望する者は、顔写真(3×2.4)を持参し、手数料1,000円支払い交付申請書を提出する。

  ※運転経歴証明書は「犯罪による収益の移転防止に関する法律施行規則」で永年有効な身分証明書

  ※申請から2~3週間後、士別警察署和寒駐在所で受け取ることができます。

(3)申請は、対象者1人につき1回限りとする。

 

 

3 支 援 内 容

・和寒町

(1)公安委員会が発行する運転経歴証明書手数料(1,000円)を助成。 

(2)最も経済的な通常の経路で運転免許証の返納に要した公共交通機関の料金を助成

 

・和寒町交通安全協会

(1)記念品として交通安全啓発グッツを贈呈

 4  申請書のダウンロード

   高齢者運転免許自主返納事業補助金交付申請書

閉じる

閉じる

ページの最上部へ