和寒町 総務課

マイナンバー(社会保障・税番号制度)

マイナンバー制度に便乗した詐欺まがいの行為に注意

 不正な電話、メール、手紙、訪問などにより、マイナンバーや口座情報、金銭などを要求する事例が後を絶ちません。
 特に、行政機関の手続きで金銭を要求したり、ATMの操作をお願いすることはありませんので、そのような要求には応じないでください。
 下のPDFファイルのとおり、国からの注意喚起がありましたのでご覧ください。

マイナンバー制度に便乗した不正な勧誘や個人情報の取得にご注意ください!(PDF 419KB)

マイナンバーが必要になる手続き

 マイナンバーは、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27号。以下番号法という。)に基づき、番号法に定められた手続きでのみ利用されます。
 例えば、給与の支払いを受けている勤務先への提供や、国民健康保険の手続き、保育所や幼稚園への入所、確定申告(平成28年分の申告から)などがあります。また、通知カードや個人番号カードには住所が記載されているため、引っ越しなどで住所が変わり、住民票の異動が発生した場合、カードに最新の住所を記載する必要があります。
 詳しくは、下のPDFファイルをご参照ください。

マイナンバーの提供を求められる主なケース(PDF 334KB)

1人にひとつ マイナンバー

平成27年10月5日から、マイナンバーが一人ひとりに通知されました。

通知カード

 

『通知カード』と呼ばれる上の画像のようなものが、全世帯に簡易書留で送られています。用紙の下の方は『個人番号カード』の申請書になっています。※まだ受け取っていない場合は、役場住民課にお問い合わせください。

通知カードが入っている封筒

このような封筒に入って送られてきますので、絶対に捨てずに保管してください。

個人番号カード(マイナンバーカード)

 

こちらが『個人番号カード』です。申請していただくと、無料で交付されます。この『個人番号カード』を取得すると、マイナンバーが必要な手続きを行うときに、「身分証明」と「番号確認」が一枚で済みます。

この『個人番号カード』が無い場合、『通知カード』または『マイナンバーが記載された住民票』で「番号確認」を、『運転免許証』や『パスポート』などで「身分証明」を行うことになり、複数の書類が必要になります。

マイナンバーの詳しい情報

詳しいお知らせやパンフレット、動画などは、下記のリンクをご覧ください。

内閣官房 マイナンバー社会保障・税番号制度 → http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/ 

個人番号カード総合サイト → https://www.kojinbango-card.go.jp/index.html

政府広報オンライン・マイナンバー特集ページ → http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/mynumber/index.html

閉じる

閉じる

ページの最上部へ