和寒町 住民課

戸籍に関すること

 戸籍とは、日本国民の身分・親族的関係を登録し、証明する公文書です。出生、婚姻、離婚、死亡や本籍地の変更をする場合など戸籍の届出をする必要があります。

種類 届出期間 届出人 届出地 必要なもの
出生届 赤ちゃんが生まれた日を含め14日以内 父または母
(父母が届出できない場合は法で定められた届出義務者)
住所地、本籍地、出生地の市区町村役場
  • 出生証明書
  • 届出人の印鑑
  • 母子手帳
婚姻届 特にありません。
届出が受理された日から効力が生まれます。
夫と妻 夫と妻のどちらかの住所地、本籍地の市区町村役場
  • 婚姻届書(届出証人欄に成年者2名の署名・押印)(届出人が未成年の場合は父母の同意が必要です。)
  • 夫、妻の印鑑
  • 和寒町に本籍のないかたは戸籍謄本
  • 届出人の本人確認書類
離婚届 協議離婚 特にありません。
届出が受理された日から効力が生まれます。
夫と妻 夫と妻のどちらかの住所地、本籍地の市区町村役場
  • 届出人の印鑑
  • 届出書(届出証人欄に成年者2名の署名・押印)
  • 夫、妻の印鑑
  • 和寒町に本籍のないかたは戸籍謄本
  • 届出人の本人確認書類
死亡届 死亡の事実を知った日から7日以内 親族、同居人、家主、地主、家屋管理人、土地管理人 住所地、本籍地、死亡地の市区町村役場
  • 死亡診断書
  • 届出人の印鑑
転籍届 特にありません。
届出が受理された日から効力が生まれます。
戸籍の筆頭者と
その配偶者
住所地、本籍地の市区町村役場
  • 届出人の印鑑
  • 戸籍謄本(町内での転籍の場合は不要)
  • 届出人の本人確認書類

運転免許証や官公署発行の顔写真付きの本人確認書類がない場合は、2点以上(健康保険証・年金手帳等)必要です。

戸籍を請求できるかた

 戸籍の全部事項証明(謄本)・個人事項証明(抄本)を請求できるのは同一戸籍内のかた、直系の祖父母・父母・子・孫などの親族です。第三者が請求する場合、名誉の棄損に当たると認められるときは、プライバシー保護のため請求に応じられない場合があります。
なお、平成20年5月1日から戸籍の証明書の請求の際に、本人確認をすることになりました。

戸籍等を郵便で請求できるサービスについて

  役場窓口に来られない遠方のかたなどのために、各種証明書を郵便で請求できるサービスです。請求書の送付から3~4日程度で自宅に郵送されます。詳しい請求の仕方はこちら。

閉じる

閉じる

ページの最上部へ