和寒町 総務課

またね! 風っこそうや号

 和寒町の「風っこそうや号」のおもてなしは、乗客のみなさんを「ひだまり」に案内し、観光案内所の和寒関連商品の販売と、玉入れ体験などで楽しんでもらいました。
 また、「風っこそうや号おもてなし有志の会」さんのご協力をいただき、駅でのお出迎えや和太鼓、YOSAKOIソーランや採れたて野菜の販売などなど、会場を大いに盛り上げていただきました。
 乗客の方から、「玉入れおもしろかったです。」「YOSAKOIソーランや太鼓楽しませてくれました。」「トウモロコシにメロンにとても美味しかった。」などなど、喜びの声と、笑顔をたくさんいただきました。

 

和寒駅停車おもてなし時間: 2019年8月17日(土)~9月8日の土曜日曜の8日間
             3号(下り名寄方面)  8:25分着- 9:10発(45分間停車)

 

   

おそろいの衣装で身を包み、みんなでお出迎え「ようこそ和寒町へ!」 駅舎内の写真展も目を惹かせました。

 

和寒関連商品を手にとってもらい、採れたて野菜の販売も。 玉入れも体験いただき楽しんでもらえました。

 

塩狩太鼓の演奏や、鳴呼ワットサムの踊りは会場に花を添えてくれました。「いってらっしゃい」とお別れです。

 

風っこそうや号に乗車のみなさま、北海道の景色はいかがでしたか。 和寒町はなまら楽しかったですか?
また和寒町でお会いしましょう! したっけね!

(※なまら=とても ※したっけね=それではまたね)

 

   【風っこフォトギャラリー】

 

 

 

 

風っこそうや号 乗車のみなさま 和寒町へ ようこそ

 

  風っこそうや号 乗車のみなさま   北海道 和寒町 へ ようこそ

 「わっさむちょう」は、人口3,300人ほどの農業のまち。
 お米やカボチャ、キャベツにメロンにトマトなどなど数多く作っており、田園風景が広がるのどかな町です。オリンピック選手が3人も誕生するなど、スポーツ環境も充実しています。
 小説の舞台「塩狩峠」や、雪の下で甘みを増す「越冬キャベツ」、食べられるカボチャの種「ペポナッツ」、あの運動会でお馴染みの”玉入れ”を独自ルール化した「全日本玉入れ選手権」発祥のまちでもあります!

 

和寒駅停車時間: 2019年8月17日(土)~9月8日の土曜日曜の8日間
         3号:下り(名寄方面)  8:25分着- 9:10発(45分間停車)
         4号:上り(旭川方面) 15:47分着-15:55発(8分間停車)

 

【停車時でのイベントは…】
 風っこそうや号3号の45分間の停車時刻に合わせて、和寒駅横「交流施設ひだまり」で、玉入れ体験や、地元農家さんによる朝採れたて和寒産の野菜の販売と地方発送(※1)、地元団体による和太鼓やよさこいソーラン踊り(※2)なども登場です!
 その他、風っこそうや号3号4号の運行時刻含め、通年、交流施設ひだまり内の「わっさむ町食と観光情報案内所」では、和寒町の特産品の販売やマンホールカードをお配りしており、和寒駅から徒歩7分程離れた和寒町公民館には、蒸気機関車「デゴイチ」の展示(※3)をしております。
 短い時間ではありますが、和寒町をお楽しみください。

 【ご注意】内容は予告なく変更や中止となる場合がありますので、あらかじめご了承下さい。
     (※1)気候や都合により行えない場合があります
     (※2)太鼓8/25、よさこい踊り8/24、9/8予定
     (※3)冬期間はシートで覆われます

 

   
ちょっとしたお土産は「食と観光情報案内所」で   和寒町発祥の「玉入れ」体験できます   和寒町公民館にはあの「デゴイチ」を保存展示しています

 

 

 

 

主催:和寒町  協力:「風っこそうや号おもてなし有志の会」

 

 

閉じる

閉じる

ページの最上部へ