和寒町議会事務局

町議会のしくみ

議長・副議長

 議長・副議長は、議員の中から選挙で選ばれます。
 議長は町議会を代表し、会議の運営や秩序の維持に務め、町議会に関する事務を処理するとともに、議会の代表としていろいろな方面で活躍します。
 副議長は、議長に事故あるときなどに、議長に代わって議長の職務を務めます。

町議会議員

 議会は、公選によって選出される一定数の議員からなっており、和寒町議会議員の議員定数は現在10人です。
 (平成19年4月の統一地方選挙から議員定数が14人から10人へと変更となっています。)
 現在の任期は、平成23年5月1日から平成27年4月30日までです。

議決機関と執行機関

 町議会は、町民の皆さんの選挙によって選ばれた議員で構成しています。
 本会議や委員会などの活動を通じて、町民の意思を町政に反映させる重要な役割を担っています。
 主な仕事は、

  • 条例を定める、改める、廃止する
  • 予算を定める
  • 決算を認定する
  • その他法律に定められている事項を議決する

など、重要な案件を審査し決定することです。【議決権】

 また、議会は執行機関を監視し、町の仕事が公平・適正に行われているかチェックする役割【調査権・検査権・監査請求権】や、町長が選任する副町長や教育委員、監査委員などに同意を与えたり【同意権】、一定の条件を満たした町民からの請願や陳情を受理し、審査・採択後執行機関に対し処理経過や結果の報告を請求する【請願受理権】、町民の生活に関係のある問題について、国や北海道などの行政機関等に意見をあらわす【意見書提出権】、なども議会の重要な仕事です。

閉じる

閉じる

ページの最上部へ