消防和寒支署

救急車の利用法について

救急車、本当に必要ですか?

救急車利用方法和寒支署管轄の救急出動件数は、人口が減少しているのにもかかわらず毎年横ばい状態です。
そのうち軽症(その日のうちに帰宅できる方)が約41%を占めています。
消防署和寒支署に配置されている救急車は1台だけですので緊急な傷病者のために救急車が出動できるよう、皆さんで救急車の適正利用について考えてみましょう。

 

こんな利用は避けてください!

  • 緊急性のない軽いケガや病気
  • 通院や入退院のための移動
  • ケガや病気でない酔っ払い

たとえば、こんな利用はしていませんか?

  • 救急車タクシーがわりに呼んでいませんか?
  • 入院・退院で呼んでいませんか?
  • 夜間・休日の病院がわからないという理由で利用していませんか。

 

閉じる

閉じる

ページの最上部へ