和寒町農業委員会

新年金「担い手積立年金」

加入対象者

 農業に従事する60歳未満のかたで、国民年金第1号被保険者であれば、農地などの権利名義が無くても誰でも加入できます。今までは、30a以上の農地などについて農業経営を行っている方などしか加入できませんでしたが、新制度は農地などを持たない畜産・施設園芸などのかたも含め加入できるようになりました。農業従事日数要件は、年間60日以上です。

積立方式

 納めた保険料とその運用益が将来のあなたの年金の原資となります。これまでの賦課方式(加入者の世代が受給者の世代を支える仕組み)と異なり、加入者・受給者数などの影響を受けにくい、長期的に安定した制度になりました。

保険料の自由な設定

 保険料は、月額20,000円を基本とし、1,000円単位で67,000円まで増やすことができます。また、全額が社会保険料控除を受けられます.さらに、他の年金とは違い、毎月の家計に合わせて1ヶ月ごとに保険料を変えることができます。例えば、出費の多い月は最低額の20,000円、少し余裕のある時は50,000円といった柔軟な対応が可能です。ただし、下記の助成を受けている方は毎月固定となります。

保険料の助成

 認定農業者や青色申告者等の意欲ある担い手に対し、国から保険料助成(政策支援)があり、負担が大幅に軽減されます。助成を受けて積み立てた分の年金は、後継者や第3者に経営継承することによって特例付加年金として受け取ることができます。ただし、経営継承せずに農業経営を続ける場合は、自分で実際に支払った保険料の分しか受給することができません。

加入手続き

 加入申し込みについては、JAが窓口となっています。また、経営者以外のかた(配偶者や後継者等)が加入するためには、『家族経営協定』の締結が必要となります。詳しくは『家族経営協定』のページをご覧ください。

閉じる

閉じる

ページの最上部へ