和寒町 産業振興課

長野政雄顕彰碑

長野政雄顕彰碑 塩狩駅構内に建立されている『長野政雄殉職の地』顕彰碑は、三浦綾子のベストセラー小説『塩狩峠』のモデルで、明治42年に塩狩峠で客車最後尾の連結がはずれ、逆降暴走した時、乗客だった長野氏(国鉄職員)が、自ら車輪の下敷きとなって乗客の生命を救ったものです。

 

 

場所

和寒町字塩狩


より大きな地図で 和寒町観光マップ を表示

閉じる

閉じる

ページの最上部へ