和寒町 住民課

飼い犬・飼い猫について

犬の飼い方

  • 檻に入れるか2メートル以内の鎖に繋ぎ、人又は家畜に害を加えないようにして飼ってください。
  • 放し飼いは絶対にやめましょう。
  • 散歩をするときは、通行人に危険がないようにリードで繋いでください。
  • ふんは必ず持ち帰り、他人の所有物にマーキングをさせないようにしましょう。

犬の登録

  • 生後91日以上の犬を飼われた場合は、30日以内に役場に登録をしなければなりません。
  • 登録には手数料3,000円が掛かります。
  • 登録により役場では登録番号が入った鑑札と門票を飼い主に交付します。交付された鑑札は、犬の首輪につけなければなりません。
  • 門票は玄関等に貼り、犬を飼っていることがわかるように示してください。
  • 犬が亡くなったとき、逃げ出したとき、所有者が変更した場合は速やかに役場までご連絡ください。

狂犬病予防注射について

  • 生後91日以上の飼い犬は、必ず毎年1回(4月から6月)狂犬病予防注射を受けてください。
  • 役場で注射済票の交付を受けてください。(手数料 550円)

飼い犬・飼い猫 去勢・避妊手術費用補助

  • 飼い犬や飼い猫を去勢・避妊手術を受けた場合に補助をしています。
  • むやみに野良犬や野良猫を増やさないためにも、去勢・避妊手術をしましょう。
  • 補助の対象は飼い主・飼い犬が和寒町に在住していなければなりません。
補助額 去勢(精巣摘出)手術 避妊(卵巣摘出)手術
2,500円 5,000円
2,000円 5,000円

補助申請手続きの流れ

1.住民課環境衛生係で補助申請手続きをしてください。

 動物病院で手術を受ける前に住民課環境衛生係で「飼い犬及び飼い猫避妊手術費用補助対象認定申請書」に必要事項を記入し申請してください。申請には印鑑が必要です。
 その場で「認定書」を交付しますので、手術を受ける動物病院に提出してください。

2.動物病院で手術を受けてください。

手術料の支払いを済ませてください。
「認定書」の中段にある「和寒町飼い犬及び飼い猫避妊手術完了届兼補助金交付申請」の「獣医師氏名」欄に署名をいただいてください。

3.「認定書」と領収書を住民課環境衛生係に提出してください。

 動物病院の署名をもらった「認定書」と手術費用の領収書を持って、住民課環境衛生係に提出してください。
後日指定の口座に補助金を振込みいたします。

閉じる

閉じる

ページの最上部へ